スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■テニアンへ

2008年06月04日 01:30

map-northern-mariana-1.jpg

サイパンから僅か5km南西にテニアン島があります。
面積は約100k㎡とサイパンより一回りも小さく人口も3000人弱程の米自治領の小さな島です。
現地人のチャモロ人、中国人、韓国人、フィリピン人、アメリカ人、そして日本人が混在するこの島はレンタカーで回れば半日で観光もほとんどできてしまうくらいの感じです。
今回我々はカジノで有名なダイナスティホテルへ向かうためにサイパンから7人乗りのセスナ機で10分恐怖のフライトを経験しテニアンへ足を踏み入れました。見渡す限りの青い空。ホテルの前には透明度が素晴しい砂浜が姿を現します。しかし、この島には悲劇の歴史があったのです…


第一次世界大戦でのドイツ敗北を契機に支配権は日本に移動しました。
1920年には、国際連盟より正式に日本の委任統治領となったのです。
日本の統治となりテニアンで初めて本格的な開発が行われ、1916年11月には最初の移民である日本人4人とサイパン島民約20人が移住し、森林の伐採と開墾に従事しました。同じ頃、テニアンの開発を請け負った丸喜商会はマリアナ諸島北部のパガン島とアグリハン島から種用の椰子の実10万個を買い入れ、椰子の栽培も開始されたのです。
1944年6月時点での人口は日本人15700名(軍人を除く)、朝鮮人2700名、チャモロ人26名で、日本からの移民数は元の住民の数を越える程日本人の島だったのです。
テニアン島に米軍が上陸したのは1944年7月24日。そう太平洋戦争です。テニアンの戦略的価値の高さに注目し、1944年7月24日に北部のチューロ海岸から上陸、8月2日テニアンの戦いに勝利し同島を占領したのです。軍人は手榴弾を持ち、壕で自決し、数千人の島民が追い詰められ自ら崖へと飛び込んでいきました。
日本軍
戦死者 約8100名
生存者 313名
アメリカ軍
戦死者 389名
戦傷者 1816名

その後、日本軍の飛行場だった北テニアン滑走路を、米軍が占領して拡張したウェストフィールド飛行場と呼ばれるところから、ここから広島を爆撃したB-29は飛び立っていったのです。


この島には大自然と共存する歴史があります。香港資本の豪華カジノホテルがあり、北マリアナ諸島随一のリゾート地ですが、忘れてはいけない戦争の愚かさを再認識させられる素晴しい島です。
日本から3時間ちょい、時差1時間、是非オススメします。


TINIAN 010_R

TINIAN 021_R

TINIAN 026_R

TINIAN 027_R

TINIAN 033_R

TINIAN 038_R

TINIAN 079_R

TINIAN 080_R

TINIAN 088_R

TINIAN 091_R

TINIAN 092_R

TINIAN 054_R

TINIAN 060_R

TINIAN 061_R

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wetterhahn113.blog122.fc2.com/tb.php/202-c2f3f3ed
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。